Be Smile | ビースマイル 就労継続支援A型 大阪市淀川区

マスク着用の夏

お知らせ,ブログ,未分類

マスクで口を覆っていることで
吐いた息(=体温とほぼ同じ35~36℃の空気)を
再び吸い込むことで体内に熱がこもって起きる。
これが「マスク熱中症」なのだそうです。

 

脱水症状になれば喉が渇くのが自然な身体反応なのですが、
マスクは温度だけでなく呼気の湿気も口内に閉じ込めます。
つまり喉は常に潤っているため、喉が渇かないのだそうです。
でも脱水症状は起きている。

 

怖い。

 

1:意図的に水分補給
(=喉が渇かなくても時間を決めて飲む習慣を)

2:徐々に汗をかく練習を
(=外出自粛で体が外気の暑さに慣れていないため
軽い運動から段階的に体を動かす習慣を)

3:首元を冷やす
(=首回りを中心に肌の露出を多くすることで
体内の熱を放出し体温を下げられる)

※近距離に人がいない広い空間であれば無理にマスクを
着用しなくてもよいとのこと。

暑い時にはマスクを外して
自然の外気を吸うことも必要です。

ウィルスだけでなく、暑さからも身を守る小まめな工夫をしていきましょう。

 

当事業所では、身体、療育、精神、発達障害、難病、統合失調症、依存症など、

いろいろな障害を抱えた方たちが、一般就労を目指して、訓練に励んでいらっしゃいます。

一般就労がしたい!スキルや体調の面で不安がある方も

ぜひ、見学だけでも来てくださいね。

阪急十三駅からもちかくてアクセス良好!!

便利な場所です。お待ちしております。

 

 

一覧へ戻る